事業紹介 Business

事業紹介

Home » 事業紹介


平生港における船舶の代理店業務から、
輸出入貨物の通関業務、本船の荷役作業・荷物の保管等、
港湾運送事業を行なっております。

営業種目

  

船舶代理店業

平生港に入港する船舶の船会社、船主等から依頼を受け船舶の入港から出港までの船社業務の代行及び船長の補助を行い船舶の入出港の安全を支えています。

〈入港までの手続き〉

本船入港前日までには、船会社及び船長と緊密に連絡を取り次のように手配します。

  • 関係官庁への手続き

(税関、入国管理局、検疫所、海上保安部、等)

  • 水先案内人の手配
  • 曳船の手配
  • 綱取放作業の手配
  • 荷役作業、通関業者の確認及び手配


〈入港から出港までの手続き〉

本船が入港すると本船に乗船し船長と打ち合わせ必要書類を確認し入港手続きをいたします。関係先と連絡を取りながら荷役作業が終了すれば、速やかに出港手続きを行い、本船を安全に出港させることに努めています。

曳船と綱取りボートによる接岸作業 船長と必要書類の確認作業

通関業務

外国から輸入される貨物、日本から輸出される貨物は、すべて税関手続きが必要になります。この税関手続きを通関といい、この業務を輸出入者に代わって行う業務が通関業です。

当社は、輸出入港湾関係情報(NACCS)で商社及び荷主の代理代行として輸出入貨物の通関手続きを適正かつ円滑に行っております。

NACCSによる通関手続きの様子

港湾荷役作業

本船に積まれた合板の陸揚げ作業を中心に、平生港県営田名埠頭(長さ170m/−10m岸壁)において、様々な港湾荷役作業を行なっております。

貨物の安全はもちろんですが、荷役作業は危険を伴う作業です。豊富な知識と経験、高度な技術、技能をベースに高品質で迅速な作業を安全かつスムーズに行なっております。

本船クレーンを利用した貨物の積(重量物) 本船に積まれた貨物(合板) 沿岸荷役作業 本船内作業

倉庫(保管)搬出入

田名埠頭における田名埠頭上屋倉庫(6000㎡)での作業を引き受けています。

倉庫では、そのほとんどがフォークリフトを中心とした作業になっており、自らの手足のようにフォークリフトを使いこなす職人的なオペレーター達が高度な技術で活躍しています。

  • フォークリフトのオペレーション

複数のフォークリフトがお互いに連携を取りながら、見事なチームワークで迅速に作業をこなしていきます。

  • 人手による作業

フォークリフトだけの作業の他、開梱作業等、手作業も行います。

  • 搬出作業

荷物の安全が最大のテーマです。優しく丁重に素早く運んで、ゆっくりと丁寧に積み搬出しています。

貨物保管状態 人手による作業(開梱作業) 田名埠頭上屋倉庫 搬出作業 トラックへの積み込み作業



所在地 山口県熊毛郡平生町曽根209-1
TEL.0820-56-3154
営業時間 8:00〜17:00
Copyright©2017 平生港運株式会社 All Rights Reserved.